favorites of zv5z7u | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of zv5z7uall replies to zv5z7ufavorites of zv5z7u

彼女は

reply

待ってたってわけ?

なんか、不愉快!

気に入らないなぁ

posted by xvtw2s | reply (0)

誰か

reply

ロマンチック

止めて。嬉しくて

眠れない

posted by xvtw2s | reply (0)

さみしいよー

reply

やっばりメールしてー

声も聞きたいけど、それは

今後の楽しみに。

posted by xvtw2s | reply (0)

おやすみなさいって

reply

メールでするまで、起きてられるかな?

そして・・・もうひとりは寝ちゃうんだろうなぁ

どっしようかな、わたし。

posted by xvtw2s | reply (0)

うれしい

reply

気にしてたから、メール貰えて嬉しい。きっと大丈夫だよ。

posted by xvtw2s | reply (0)

寒いなぁ

reply

体調をくずさないようにガンバロー

posted by xvtw2s | reply (0)

おはよう

reply

もう起きましたよ。

posted by xvtw2s | reply (0)

大好きな

reply

頑張ってる人。おやすみなさい

posted by xvtw2s | reply (0)

はじまって

reply

9時間経った今日なのに

すでに1日ダメな予感

posted by xvtw2s | reply (0)

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 5 : LEARNING THE BASICS OF SCRIPTING

reply

ActionScriptの埋め込み - HTMLタグの中のJavaScriptのように、MXMLタグの中に埋め込める。

また、<mx:Script>の中に書くこともできる。

<mx:Button id="myButton" click="someComponent.someProperty = 'something'" />

<mx:Script>

<![CDATA[

// ActionScript

]]>

</mx:Script>


Dot Notation - ".プロパティ名"で、コンポーネントのプロパティを読み書きできる。

<mx:TextInput id="fullNameTextInput" text="John Smith"/>

fullNameTextInput.text // => John Smith

fullNameTextInput.text = "John Smith";


関数の定義 - public, privateの指定子や、引数の省略と省略時の値、戻り値の型を

指定できる。

public function setForm(txt = "John Smith", sel = true):void


変数の定義 - "var"で定義する。

public var username = "Tom";


データ型 - 基本的な組み込み型は以下の通り。

String: 文字列。初期値はnull

Number: 小数を含む数値。初期値はNaN

uint: 0 ~ 4,294,967,295の整数。初期値は0

int: -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647の整数。初期値は0

Boolean: true/false。初期値はfalse

void: undefinedのみを取る型。


Object型 - 任意のプロパティを持つことができるコンテナ

var car:Object = new Object();

car.color = "red";


Class - Objectをベースとして、プロパティやメソッドを規定したもの。

public class Car

{

var color:uint;

}

var car:Car = new Car();

car.color = 0xFF0000;


MXMLとの関係 - MXMLは内部的にはActionScriptに変換されてコンパイルされる。各タグは

対応するクラスのオブジェクトに、各属性はプロパティやスタイル、イベントリスナに

変換される。


コメント - ActionScriptは"//"または"/* ~ */", MXMLは"<!-- ~ -->"

continue ...

posted by 6q7u9x | reply (0)

見たいんだ

reply

撮ってるあなたを

しているあなたを

ねているあなたを

posted by xvtw2s | reply (0)

あまり心を

reply

揺さぶらないでください。優しすぎます、あなた。

posted by xvtw2s | reply (0)

時々

reply

飲み込まれそうになる

その洪水に....

posted by xvtw2s | reply (0)

録画した

reply

リンカーン見てる

おもしろいよ

posted by xvtw2s | reply (0)

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 4 : USING SOURCE MODE

reply

ソースモードでは、.mxmlファイルを直接編集できる。コード補完機能あり (Ctrl+Space) 。


MXML - XMLフォーマットの構造の紹介等 (省略) 。

<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">

のxmlnsの部分は、"http://www.adobe.com/2006/mxml"を指すネームスペースmxを作成するという意味。

("MX"の意味は不明。"Maximum eXperience"という説もある)

posted by 6q7u9x | reply (0)

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 3 : USING DESIGN MODE

reply

デザインモードでは、WYSIWYGエディタによってUIを作成できる。作成した内容は自動的に.mxml

ファイルに反映される。


Flex Builderの使い方 - コンポーネントパネルの使い方やコンポーネントの種類、配置等 (省略) 。

http://examples.adobe.com/flex3/componentexplorer/explorer.html


Flex Property Panel - Flex Property panelからコンポーネントのプロパティを直接編集できる。

代表的なプロパティの紹介等 (省略) 。


<mx:Button label="Two" visible="false"/>

<mx:Button label="Two" visible="false" includeInLayout="false"/>

では両方とも表示されないが、前者はレイアウトにそのサイズが考慮され、後者では考慮されない

<mx:TextArea alpha="0.5" text="..."/>

alphaプロパティで半透明にできる。

posted by 6q7u9x | reply (0)

抱き合いたい

reply

今すぐ

posted by xvtw2s | reply (0)

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 2 : SETTING UP YOUR ENVIRONMENT

reply

開発環境

- Flex Builder : 一番お勧めだが有料

- Eclipse : XMLエディタ有り。コンパイルできるよう設定することもできる。

- FlashDevelop : オープンソースのActionScript用IDE。Windowsのみ。

- TextMate : ActionScriptやFlexのサポート有り。Macのみ。有償。

- その他のテキストエディタ

コマンドラインからコンパイルする方法の情報は、http://livedocs.adobe.com/flex/3/html/compilers_01.html


Flex Builder - EclipseベースのAdobe純正IDE。スタンドアロン版とEclipse plug-in版の両方があるが、

スタンドアロン版がお勧め。


Flex Builderでのプロジェクト - アプリケーションはプロジェクト単位で扱う。具体的な操作方法の

説明等 (省略) 。プロジェクト下のフォルダ構成は、

- bin-debug : コンパイル済みファイル (.swf) や、テンプレートから生成したHTMLや補助ファイル等

- html-template : テンプレートHTMLファイル

- libs : 追加のコンパイル済みライブラリ群

- src : ソースコード。.mxml, .as。AIRの場合は Application Descriptor File も

posted by 6q7u9x | reply (0)

Re: Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Chapter 1 : GETTING UP TO SPEED

reply

Flexとは - FlashベースのRich Internet Applications (RIAs) 作成環境。MXMLと呼ばれるXMLの

マークアップとJavaScriptライクなスクリプト言語で、簡単にアプリケーションを作ることができる。

Flash Playerの普及率は約99%。Flex SDKはコンパイラとライブラリとツール群で構成される。

複雑なアプリケーションには、アニメーションツールとして進化したFlash IDEよりも向いている。


AIRとは - Adobe Integrated Runtime (AIR) は、Flashやウェブコンテンツをデスクトップアプリと

して動かすソリューション。AIRの実行環境さえあれば動作する (OSに依存しない)。


なぜFlexなのか? - 綺麗に素早く書けて、リッチで動作も速く、オープンソースでフリーだから。


他との比較 - Flash IDEやAjax等との比較の説明。MXMLやAjaxよりも素直に書ける点が利点。 (Ajax

よりも"hackery"ではない)。タイムラインベースのアニメーションはFlash IDEの方が、テキストの

動的ロードや単純なインタラクションにはHTML/Ajaxの方が向いている。

posted by 6q7u9x | reply (0)

Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

reply
Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)

Learning Flex 3: Getting Up to Speed With Rich Internet Applications (Adobe Developer Library)


二冊目はこれを。Adobe Flexの入門書のような本で、FlexのインストールからAIRアプリの作成までをカバーしているようです。

サンプルコードはこちら。 http://greenlike.com/

posted by 6q7u9x | reply (10)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.